アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

第3のブランドからトップをうかがう勢い 客観的視線でのTaylor(テイラー)感

先日ご一緒した20代前半のアーティストが
持っていたのはTaylor(テイラー)。

TAYLOR 814ce 2014 First Edition

TAYLOR 814ce 2014 First Edition
価格:448,350円(税5%込、送料込)


1974年創立のブランドなので新しいブランドなれど
Martin(マーティン)、Gibsonギブソン)に次ぐブランドと言われ
さらにアメリカでの人気は、それらを凌ぐほどとか。
凄い勢いですが、

なぜにこれだけの人気なのか?

まず見た目がブランド全体的に
セクシーなカッコよさをまとっている点。
言葉では言い表せないですが、見ていて

『あぁ~テイラーっぽい色気がある』

そんな感想を持つのはこちらだけ。

あとパフォーマンス面では、テイラーが独自開発した

Expression System(エクスプレッション・システム)

と呼ばれるピックアップ(PU)。
進化を続けるこのシステムは、評価される方が多く
実際ライブ会場等で聞くサウンドは、聞いていて疲れにくい音。
激しめのストロークの音も耳触りじゃないって感じかなと。

最後に人気の要素と思うのは、その価格バランスでしょうか。
上記にあげた上位モデルの「800シリーズ」にして
恐ろしく高い価格帯ではなく(って言っても僕から言えば雲上ですが)
また某G社等とアコギと比較して、その個体差がないとの話。

高価なモデルは、それに見合ったパフォーマンスを発揮する

これは購入側からみれば、安心という一つの機能。

やや客観的視点な感想のようになりましたが
これだけ「イイな」と思うも、未だ購入対象として見た事がないTaylor(テイラー)。

充分持つにふさわしい「大人の色気」を身につけた時
視野に入れたいものですね。