アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

チューナーの負の部分を払拭するチューナーか? KORG(コルグ) Rimpitch

音叉を膝で「カンッ」鳴らしチューニングしていた頃からすると
随分チューニングは便利になったもの。

それはやはりチューナーの進化によるところで
実をいうとほんの数年前までは

『チューニングたるもの音叉と各弦はハーモニクスでっ!』

と思ってましたが、初めて使ってみて

『こりゃー便利、なんで今まで使わなかったの?』

って自分で自分の無意味な頑固さを責めたもの。

ライブでご一緒するアーティストの方が
クリップチューナーを付けたままステージに立たれる気持ちが
ようやくわかった気がした瞬間でした。

ただそんな便利なアイテムなれど
クリップチューナーの場合、ヘッドに取りつけるため

「何かがついている違和感」

を感じてしまう自分もいるわけで
本番ステージではつけないままってのが僕の日常。

そんな同じ悩みというか、こだわりをお持ちの方に

コチラのチューナーはいかがなものか?



サウンドホールにとりつける「KORGコルグ)」のチューナー。
一見するとピックアップ(PU)をとりつけたようで
あまり違和感はない感じ。

また演奏者との視界も近く、視認性も良いかも。
(ただアダルティな方には、やや小さい見づらいかも)

少し気になるのは、共鳴する部分にとりつけるだけに
音の鳴りの妨げにならないか。

結局それが気になったりで、プレイする時を
取り外したりして...。
なら、クリップ式と同じ運命になるかも(笑)。

※参考サイト:サウンド・ホールに取り付けるチューナー誕生!