アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

YAMAHA Aシリーズの限定モデル「AC1FM」 これならすぐに誰かがとびつくはず

時間があれば立ち寄る楽器屋のぞくと
あるアコギがまるで自分の場所がそこのように鎮座。

【送料無料】YAMAHA / ヤマハ AC3M NT エレアコギター

【送料無料】YAMAHA / ヤマハ AC3M NT エレアコギター
価格:82,080円(税込、送料込)



YAMAHA(ヤマハ)人気Aシリーズの上位モデル
オール単板のマホガニーモデル「AC3M」

少し前に試奏させていただきましたが
その前から置かれてますのでそれなりに時間がたってます。

『なぜだろうか』などと思いながら店内を見回すと
側にコチラの



Marin(マーティン)のパフォーマンスモデルが。さらにその隣りには、
先日触れたTalor(テイラー)200シリーズのデラックスモデル(カラーはナチュラル)も入荷。
その三台を見、そして価格を比較してYAMAHA「AC3M」に思った事。

『価格が微妙かもなぁ』と。

カッタウェイのある似たシーンで使われそうなこれら3台。
実売3万円の違いからとあくまでも一般的ブランドバリュー
を考えた場合、その差を少ないと考える人が多いのではと。
確かにスペックの違いを確かめれば、それなりの理由で合点が行きますが。

ちなみに僕が店員なら、もう少し差をつけて並べて展示したいところ。
YAMAHAのAシリーズなら、リーズナブルなA1シリーズ...
それも3月に限定発売された



YAMAHA「AC1FM」をするに違いなし。
半額という価格差の違い、さらに限定でサイドバックにおごられる
フレイムメイプルの柄の美しさ。積極的に選んでもらえる要素でないかと。

エレアコという割り切りならばサイドバック合板もアリ。

...というかメイプルを使ったK.YAIRI YW-K13-MAP
持っているように単なるメイプル好きの戯言かもしれませんが。
ちなみにメイプル系って個人的に

「ギュイン」

って感じの音を感じます。余計わかりにくいかもですが。