アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

パーラーギターの真骨頂 皆に愛されそうなAndrew White Guitars 『AWC110』

ミニギターやパーラーギターをあれこれ眺めていると
ほのぼのとするその姿につい見入ってしまうことが。

ドレッドノートのように肩ひじを張ってるわけでなく
ラウンドショルダーのように威勢がいいわけでなく
ジャンボのようにようにセクシーでもなく。

ちょっと間の抜けた...そして憎めないのが
これらのモデルに共通していること。

やはり小さいボディサイズ。
生音での音量や音色がやや劣る部分があろうも
皆が集う場所で気軽に取り出し弾きやすいというのが
求められるキャラクターなのか。



コチラ↑↑のAndrew White(アンドリューホワイト)氏
監修のパーラーギター。

ルシアーのAndrew White氏プロデュースとか
韓国工場で製作されたとか何とか言う前に、何といっても
ハクション大魔王のツボ」を思わせるその姿。

仲間たちとの楽しいそのひと時に、コイツを奏でれば

『呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン!』

って感じで皆に喜んでもらえるのではないかと。

文字通り「音を楽しむシーン」に飛び出てきてほしいアコギですね。