アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

そのハミングバードはバカ面に見えなかった Epiphone(エピフォン)Hummingbird PRO

今日ふと入った楽器屋で見かけたアコギ。
Epiphone(エピフォン)Hummingbird(ハミングバード)PRO。



ご覧のとおり、ハミングバード(ハチドリ)がピックガードに
プリントされたモデルで、Gibson(ギブソン)のソレは
およそ10倍くらいの価格がする人気モデル。

ところで以前、その価格差に関係があるかどうかとして
そのプリントされた模様の違いを「Dove」で比較した話
書いたことが。その際書かれた鳥の精巧さがあまりに違い

Epiphoneの“バカ面”

には少々戸惑ったもの。

さて、このHummingbird。
Gibsonと比較してどうなのかという思いで眺めてましたが
Gibson自体がリアルな柄ではなくシンプルなためか
Dove程の違いは感じないような。少なくとも

バカ面ではありません。

再来日のニュースが嬉しいポールも使っていたEpiphone。
Gibsonの直系でもあるし、同じなんちゃってモデルなら

『そそるよなぁ~』

とついついいつものEpiphoneびいきの虫が。

Gibsonの中でハミングバードってなんか好きで憧れもあるもので
「充分あり!」と店を後にした次第。
家に置く場所と弾く時間が「あり!」なら
間違いなくロックオンしたものの、試奏さえ自主規制しての潔さ。

...『自分で自分を褒めたい』です。