アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

弾き語り前にはこの発声練習を 低い声の方に待ってましたの方法

自分の歌声に関しては弾き語りを始めた当初から
コンプレックスというか悩みというか。

・声が鼻にかかっている
・音程がずれる
・滑舌が悪い


等々負の要素を挙げれば、枚挙にいとまがないわけですが
何よりも「声が低く、高い声がでない」という事には
随分と苦労したもの。

さてそんな状況を打破しようと
以前からしていた発声練習としては

四拍ずつ「ドレミファトラシド」を「CGCFCFGC」の
コードに合わせ「アーアー」とうたう発声弾き語り
お腹をひっこめながら「ハッ」と発声する
不気味な腹式発声練習など。

そんな練習方法でも功を奏したか
二つ上の音まで声がなんとかでるようになったわけ。

ところで、先日そんな話をある方にしていたところ

『歌う前に低い声を出せば声帯が広がって声がでやすい』

とのお話が。
ライブ前なんかに、できるだけ低い声で発声をすればよい...という
この教えには、低い声の僕にとって有難いお告げのようなもの。

以来、ライブ前に

『(自分が出せる最も低い音程の)あ~あ~あ~

をしてからのぞんでます。

それにしても、いずれも人から見れば不気味な発声練習に
違いありませんね。

えっ?効果ですか?

まだ自分自身では体感できておりません(笑)。
今度機会があれば動画をあげますので
もしよろしければ、ご覧になり判断して下さいませ。