アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

ライブで好ましいアコギの音 メロディーか伴奏か それによる当然の違い

ライブをするために「YW-1000」にピックアップ(PU)を
装着はしていますが、以前書いたとおり

トラブルが多いこともあり
このところライブではエレアコの「WY-1」を出動。
さすがにトラブルもなく、またトラブルへの不安もなく
ステージで思う存分弾き語りが可能に。

さて本日も本町にあります「ライブ居酒屋ぽっぷ」にて
「WY-1」とともにライブを。

その際来られたお客様に、オープンマイク時に
「WY-1」を弾いてもらった際、聞きながら思った事

『少しアコギの音が耳触りか?』

ピエゾ独特のプリプリ感がそうさせるのか...
とにかく弾き語りの伴奏としてそう感じたわけ。

そんなほんの少しの憂いを胸に
『あらためてライブにおけるいい音の条件とな何ぞや?』
という難問を考えてみることに。

そして、あらためて思った事と言えば

『ソロギターと弾き語りでのいい音は別物か?』

という事。
メロディーパートと伴奏パートではいい音というか

好ましい音が違う

ということは間違いなく、
メロディーは前に出るもの、伴奏はあまり前にでるべきものでない
と考えれば、当然の事。

弾き語りスタイルの僕にとっての
ライブにおけるいい音を奏でてくれるピックアップ選びは当然

「出しゃばりすぎない」

という事になりそうですね。