アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

YAMAHA(ヤマハ)のアコギは普通?無難? 侮るなかれその特徴

数多くあるアコギのブランドにはそれぞれの特徴が。
もちろん、各ブランドが様々なモデルを
製作・販売されているわけでブランドの特徴を
ひとくくりにするのは危険かも。

ですが、間違いなく『傾向』っていうのはあるのではと

それをそのブランドの長所と短所と
考えられるわけですが、どちらに感じるのかは
使う側の好みによるところもあるはず。

音と言えば例えば、

Martin(マーティン)なら鈴なりのドンシャリ
Gibsonギブソン)なら土臭いジャキジャキ
K.YAIRI(Kヤイリ)ならキラキラ


みたいな感じ(あくまでイメージです)。

で、その特徴としてちょっと恐ろしいなと思うのが



YAMAHAヤマハ。よく言われるその特徴とは

「無難な音」「特徴がない」「アクがない」

一見すると負のイメージですが言いようにとれば、
弾き手やジャンルを選ばないという長所なわけ。

さらにアコギの録音したりPAされている方の話
YAMAHAだったら『ホッとする』とのこと。
それは、

・おいしい音がとれるポイントがワイド
・下手な人でもそれなりの音がする(ように思える)
・同じモデルならほぼ同じ音がする


などなどの理由から。

非常におもしろい話で、もともとYAMAHAは好きなブランドですが
さらに見直した次第。

総合楽器メーカーってところと誰でも知っているってのが
別の意味で普通っぽく感じてしまうのもありますね。

※参考サイト:YAMAHAのギターって特徴がない?