アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

見た目麗しのオールコアのアコギ 一瞬いい夢を見た至高の逸品

アコギの材はトップ材とサイド・バック材を
違うものを使うのがほとんど。

以前に少し書きましたが、トップ材に求められるものと
サイド・バック材に求められるものが違うことによるから。

振動を伝えるトップ材
音を跳ね返すサイド・バック材


求められる柔軟さや硬さが異なるからですが
中には全て同じ材で作られたアコギも。

音による上記理論から言えば
相反するわけで、多くは見た目重視と言えるでしょう。

ならば、オール○○のアコギなら
当然見た目重視で選ぶべし。となればやはり

オールコアか?



コチラ↑↑は、僕の所有する「WY-1」のオールコアモデル。
見た目の美しさというか、温かさは息をのむほど。
が、しかし「WY-1」はトップがシダー単板のサイドバックがローズ。
上記「材の法則」からすれば、負けてないはず
...はい。思いっきり強がってます。

こうなったら、とっておきのオールコアのモデルが
無いものかと色々物色してますと...



『こっ...これは!...ダメですよYAIRIさん。
この形といい大きさといいコア材にベストマッチ。
さらに、ヤイリギター社が誇るマスタークラフトマンの

KEN小池モデル(BY KEN)

じゃないですか。これはもう...買うしか...』


と思ったところで値段を見間違えを発見。

誤)\86,400
正)\864,000


ですよね(笑)。

ほんのつかの間の「いい夢見ろよ~」でした。