アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギ弾き語りの激しさの象徴「ストローク」 それぞれの支点における功罪

先日ライブでご一緒させていただいた方の
ストロークプレイは美しく、思わず見いってしまったほど。

アコギ弾き語りで一番使われるであろうこのストローク
が、僕が一番苦手でありながら、そして奥の深い奏法ではないかと。

プロやアマチュアのアーティスト含めて見た感じ
ストロークは大きくわけて

・手首が支点
・ひじが支点


の2つに分類できるかと。僕の場合は、断然前者の方でして



こんな感じで手首を支点に上下するストローク
これは意識してこうなったわけでなく、
早いストロークをする上での手の動きが
手首支点がやりやすかったから。

このやりやすさの理由は、
弦に対してピックの角度を抵抗が少ない角度でアップダウンしやすい
からかなと。あと

弾いている見た目も、手首支点が好き

だったりしますが(笑)。

長渕剛氏に憧れてアコギ弾き語りを始めた
ギター小僧の端くれではありましたが、この部分だけは真似しませんでした。



コチラ↑↑の最後の部分のストローク、いわゆる「マシンガンストローク」
ひじを支点にしながらのもの。それなのに

早くそして激しく強い

『かきむしる』と表現したくなるその激しさは
ひじ支点ゆえのものだと思っておりました。

...おりました、と過去形で表現してますように
先日のライブでご一緒したアーティストのその激しいストローク

美しい手首支点

『美しさと引き換えに、激しさを捨てた...』などと思ってましたが
それらを兼備するストロークを目の当たりにして

まったくストロークは奥深い

と改めて思った次第です。