アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

頭文字(イニシャル)Dに倣え Martin(マーティン)D以外のモデル達!

Martin(マーティン)D-28等のDシリーズは
戦艦を意味するドレッドノート(Dreadnought)の頭文字Dからのシリーズ名。

このドレッドノートという名前。
戦艦という元々の意味とそのサイズとのマッチング
そしてその名前の響き(音の響き)の美しさを考えれば、

これ以上の名前がない

と思うほどベストマッチじゃないかと。
なのでサイズだけでなくその名前も含め

ドレッドノートが大好きです。

このドレッドノートが頭文字のDシリーズ以外では
Martin(マーティン)であれば

『OM(オーエム)』『OOO(トリプルオー)』『OO(ダブルオー)』

などが。



これらのシリーズ名も今となっては、聞けばそのサイズがわかりますが
あの『戦艦』のような元々の意味とのドンピシャ感に
やや劣る面を感じてしまうのも確か。

が、これらのシリーズ達にも「別名」なるものがきちんとあり
またそれらがサイズ感とネーミングがドンピシャに思え
シリーズ名をその「別名」の頭文字すればいいのでは...と思う名前フェチな僕。

『OM』・・・・『Orchestra(オーケストラ)』 ⇒ 大編成の楽団
『OOO』・・・・『Auditorium(オーディトリアム)』 ⇒ 音楽堂、講堂等の大ホール
『OO』・・・・『Grand Concert(グランドコンサート)』 ⇒ 大きな演奏会


『いいじゃん!』

「Oシリーズ」「Aシリーズ」「GCシリーズ」って
いいんじゃないでしょうか?...って僕だけですかね。

あくまでにアコギそのものがどうこうってわけじゃなく
モデル名っていうかシリーズ名の話

でも、モデル名って大事だと思うんだけどなぁ。