アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

自然なピックアップと人工的な飴色が魅力 『YAMAHA(ヤマハ) LL6 ARE DT』

幾度となく触れているYAMAHA(ヤマハ)のLシリーズ
当然あちらこちらの楽器店においてあり、何度か試させていただいたりで
あーでもないこーでもないとバーチャル購入を楽しんでます(笑)。

さてこのLシリーズはお手頃価格モデルから雲上モデルまである
同じシリーズとはいえ、幅の広いシリーズ。
その幅広いシリーズの中で、一つの区切りは

「L16」と「L26」かなと。

前者が中国産、後者が国産であり
「L26」以降がLシリーズの真骨頂で、当初は

『やっぱLシリーズならL26以上でしょう~』

って思ってましたが、「L16」そして最廉価の「L6」にも
最近非常に魅力を感じ、「いっちゃうか?」ぐらいの勢いが。

一つは「パッシブピックアップ」が付いてある点。
以前「YAMAHA LLX16」を試奏した際のレビューを書きました
非常に自然な音を再現して感激した程。

ナチュラルな音にセッティングされたピックアップ(パッシブタイプ)を
備えたお手頃Lシリーズ。その中でもあえてマイブームは

YAMAHA LL6 ARE DT エレアコギター

YAMAHA LL6 ARE DT エレアコギター
価格:51,840円(税込、送料込)



「LL6 ARE」。

なぜにマイブームか?

それはご覧↑↑のカラー『ダークテンテッド』がそそるから。
このカラーは「LL6 ARE」にしか設定されていない限定色。

ナチュラルが、長年愛用していると「飴色」に変わりますが
この飴色は非常に美しく、少しそれを思い出させる『ダークテンテッド』。
確かに長い間かけて磨かれたような飴色と比較すると
人工的な感は否めませんが、それでもひっさげてみたい人工飴色です。

『マイブームな理由が色かよ?』

そんなツッコミは無しでお願いします(汗)。