アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

全てが適材? オールボディのアコギが幅広く作られる「マホガニー」

少し前K.YAIRIオフィシャルブログ

「マホガニー」

について書かれている記事が。

丈夫で軽いその特性は、ネック材の適材として紹介されてます。

さてこのマホガニー。
本物が希少となり、サペリ等の代用材が多く使われてます
よほど人の心をくすぐるのか、あらゆるアコギでお目にかかります。

音の特性そしてその見た目とも

明るくきらびやか

それが、マホガニーに対する印象であり特徴。
そしてもう一つマホガニーに思うのは、適材だけでなく
あらゆる部分に使われているということ。

それだけ外から見聞きできる先程の特徴だけでなく
内に秘める材の特徴が、アコギ材として優れているのではと思う次第。



コチラ↑↑のような「S.YAIRI」のお手頃なモデルから



コチラ↑↑の「Martin(マーティン)」など、あらゆる価格帯・ブランドで
オールマホガニーボディのアコギが存在する事からもわかる気が。

多くのアコギ材がある中で、コレ程幅広く
「オール」があるのはマホガニー以外はそうないはず。

こんな「オール」を一度は手にしてみたいと思うわけで
やはり僕の場合は...



小ぶりな「GUILD(ギルド)」のコチラ↑↑あたりをチョイスしたいとこ。
ミニギターやパーラーギターのような小ぶりなボディサイズこそ

明るくきらびやか

な音と見た目を引き立てるのでは?

これが黄金比率のような気がするマホガニーです。

※参考サイト:K.YAIRI オフィシャルブログ 「適材」