アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギ弾きにとってベストな指とは? 長さ・努力の結晶・資質それとも...

僕の指は男性としては長いわけでもなく
短いわけでもない普通サイズ(だと思う)。

この指。
アコギの弦を押さえる、そしてつまびく大事な役割を担うだけに
いったいどのようなサイズがいいのか。
ピアノ等は指が長い方が、届く鍵盤の幅が広がり
重宝すると思いますが、さてアコギはいかに。

そんな疑問を感じるのは、知り合いの女性アーティストで
僕よりかなり短い指にして

バレーコードの鬼

の方がいらっしゃるから。

この疑問を解決すべくGoogleなんかで「ギター 指の長さ」なんかで
検索してみると、コチラのサイトのように

・つまびく側の右手の指は短めがよい
・押さえる側の左手の指は長めがよい

とありますので、彼女は規格外ということに。

が、決まってこうも書かれてあります。

指の長さだけでなく、努力・資質次第

だと。そりゃそうですよね。
世の有名ギターリストが皆「右手の指が短め、左手の指が長め」
ってはずありませんから。

じゃー本人の努力次第って考えた場合に
案外鍛えにくいなぁと思うのは

左手の指

なんというか

ある程度まで進化成長をとげても
ある時点で成長が止まる...

と言えばわかりやすいか。

ちなみに僕も高校時代からバレーコードが苦手で
特に「B」「B♭」系は今をもってもロクにひけません
バレーコード時に、小指に力が入らないという欠点も。

そうかと言って努力してなかったわけではなく

フォークボールの握り


コチラ↑↑のように指を広げる練習に
真剣に取り組んでいた10代(しつこいですが本当です)。

練習方法が間違っていたのかもしれませんが
今の左手のプレーが資質の限界を感じている今日この頃。

いやっ諦めてません!

...あっフォークボールは諦めてますけど。

※参考サイト:ギター弾き語り「指の長さについて」