アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

Rain Song(レインソング) 全身にカーボン・グラファイトをまとったクールな男前

木目というものに物心ついた頃から好きな僕。
車のインパネには木目調パネルを貼ったりしたもの。

なのでアコギが好きなのは、
弾き語りする大事な相棒としてはもちろん
この木目好きを楽しませるオブジェとしてにも感じる魅力。

楽器店やネットでアコギを見てますと
まず目に奪われてしまうのが、木目ですが

『こんなアコギもあるのか...』

と思ったのがコチラ↓↓。

Rain Song DR1000 N2 【PGC-ACOUSTIC】

Rain Song DR1000 N2 【PGC-ACOUSTIC】
価格:265,680円(税込、送料込)



Rain Song(レインソング)エレアコ
パッと見、よく見る黒のエレアコと思いきや
使われている材が何とも特徴的。その材が

カーボン・グラファイト

です。グラファイトと聞けば、まず思い浮かぶのが
Ovation(オベーション)のバックに使われている材。

その材を使っているためか、
アコギの音でもなく、エレアコの音でもなく

Ovationの音

で、ラインを通した時の、ミョーンって音が特徴的。
そこで、このオールグラファイトのRain Songのデモサウンドを確認すると



コチラ↑↑はコンデンサマイクで集音しているので
生音の雰囲気を掴めると思いますが
思ったほど、奇をてらった音で無い感じ。
とは言え、天然木アコギの温かみというか深みに欠ける感が。
やや鋭すぎる感を感じます。



コチラ↑↑のラインを通した場合は、やはりOvationライクな感じ。
この音が好きな人も多いのでは...と思います。

天然木ではないだけに、どこでも安定したコンディションで
プレイできるのもメリット...ですがやはり、

カーボン模様 < 木目

に軍配かな。
音だけでなく、見た目も含めて

Too Cool(クール過ぎる)

に思えてしまう、黒い男前です。