アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

「Min-Etune」を備えたEpiphone(エピフォン)『FT-350SCE』に感じる時の流れ

先日よく行くライブ居酒屋に、
お客さんが家でほとんど弾かないギターを持ってきたという話
を書きましたが、驚きのアコギとともに
懐かしいアコギグッズが長年ケースに眠ってました。



チューニングピッチパイプです。
今でも販売されているので、愛用されている方も
いらっしゃるとは思いますが、現在僕の周りでコチラの類を
使っている方は皆無。

音叉を使う方もほとんど見ることもなく
多くがチューナーを使ってのチューニング。
正確に合わせるとなると、もう手が離せません。

さて、さらにこの世界はどんどん進化をしているようで
Gibson(ギブソン)のエレキギターには

「ロボットギター」

と呼ばれる自動でチューニングしてくれるギターまでも。



凄いと言えば凄いですが、恐いと言えば恐いです。

さてこのロボットギターのシステム「Min-Etune」
Gibson傘下のEpiphone(エピフォン)のエレアコにあり
これが非常に魅力的。



お手頃な価格なエレアコにプラスアルファのこの機能。
ライブで安心して、安定した演奏ができるのではないかと。

おそらくEpiphoneクオリティの「作り」と「生音」は
想像できそうですが、ラインを通したライブで

気兼ねなくガンガン使う

には持ってこいのアコギか?
カラーはぜひ「Violin Burst」でライブしたいですね。