アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

YAMAHA(ヤマハ)APX/CPXシリーズ 超定番という仮面をかぶった実力者

高校時代はアコギを始めた当初ということもあり
『アコギ欲しい熱病』にかかっていたのか

1年に一本ペースで購入。

高1の冬は、YAMAHA FG-300D
高2の冬は、今も使っているK.YAIRI YW-1000

これだけでも、バイト代をかなりつぎ込んでるにもかかわらず
高3の頃はもう1本虎視眈々と。

それがエレアコ

当時はTAKAMINE(タカミネ)のエレアコが人気絶頂で
持っていた先輩の弾く姿に憧れたもの。

さすがに高3に買うことはなかったものの
数年後にTAKAMINEを購入する際に比較検討したのが

YAMAHA APXシリーズ

で、考えればこのシリーズ伝統的なラインナップだと気づきます。

そんな定番のAPXシリーズ、
後発で発売されたややボディ厚めのCPXシリーズ

廉価なモデルから上位モデルまで幅広いながら
全体的に価格がお手頃。
が、やや定番すぎるのか派手さがないかな...というのが印象か。

とはいえ



上位のコチラ↑↑CPX1200あたりになるとオール単板、
そしてピックアップが生音のエア感にこだわった「SRTピックアップ」。
決して地味ではなく、価格を考えればかなりいい...という印象。

あまり身近にありすぎて、その真の実力を
一瞬見落とていたのでは...と改めて自分の見る目を憂いたいほど。

このAPX/CPXシリーズは中国工場生産。
上位モデルを中心に、国産というキーワードにこだわなければ

積極的に選択したい良質な普通

かと思います。

※参考サイト:YAMAHAホームページ 「SRTピックアップシステム」