アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

薄手のツヤ消し塗装のK.YAIRI Kシリーズ 薄さゆえの効用と悩ましい点

K.YAIRIのオフィシャルブログの最新記事
アコギの塗装について書かれており

「塗装は厚いと振動せず、音に悪影響が」

との言葉が。

この言葉は、高校時代にある先輩から
言われて以来信じきっていて

塗装をけずったろうか...

と思った事があった程。若さゆえの行動です(汗)。

先のブログで道前氏もおっしゃってますが

『塗装をしないと、手垢がつき、汗や湿気もすぐに吸う』

ため塗装は絶対に必要なもの。

そう考えれば薄い塗装がいいはずで、そんな思いで買ったアコギが。

blog_import_509d25b8bcff6.jpg

「YW-K13-MAP」です。

このK.YAIRIの新しいKシリーズは、薄手のツヤ消し仕上げで
塗装が薄いのが特徴の一つ。
名だたるモデルを次のアコギの候補としながら、
この薄い塗装、伝わる振動そして音に興味を覚えたのも理由の一つ。

木材感が際立つ「ツヤ消し仕上げ」。
その薄い塗装の効用が効いているのかどうか...

今のところ不明ですが、購入当初より良い方向にすすんでいるのは確か。
さらなる、薄さの塗装に期待中です。

ところで薄手のツヤ消し塗装で確実な事。以前にも書きました

98_YW_K13_MAP.jpg

傷がかなり目立ちますっ!

薄いのが本当にいいのか、悪いのか
コレばかりはユーザそれぞれが判断することのようですね。

※参考サイト:K.YAIRIオフィシャルブログ 「塗装中」