アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

自然の恵みが生んだピック達 それぞれの天然素材の味わいの差はいかに

日頃アコギ材について色々と眺めたり
あれこれ考えたりしたりする話を書きますが
材料については、ピックについても色々と考えるのが好きなのか。
                                      
まだ結論つけられていない『ピック選手権』なるものの
途中ではありますが、また新たに気になる素材のピック。
...ずばりその素材とは

木材です。



CLAYTON(クレイトン)のピックには
コチラ↑↑の木材を始めとした自然素材のピックをラインナップ。
それぞれの素材が非常に興味深いです。

・ブロンドウッド
・シーシャムウッド
・ココナッツの殻


などなど一体どんな特性を持っているのか想像さえできませんが
コチラのページの音の解説をみると

・ブライトなトー
・豊かなトー
・ウォームなトー


などなどこれまた、心をまよわせる抽象的表現のオンパレード。
だめですよ、CLAYTONさん。
『ピック選手権』さえ途中で頓挫した状態なのに

『ピック選手権パート2』

をしたくなるじゃないですが(汗)。

全部揃えれば4000円弱。
それで、『ブライト』『豊か』『ウォーム』の区別がつくのか。

はなはだ疑問ですが、その”ツラ構え”の良さに
心中したくなるナチュラル軍団です。

※参考サイト:モリダイラ楽器 ピック Exotic