アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

秋の定番曲を聞きながらのモノ想い 10代の感受性と40代の進歩

9月も今日で終わり。2014年も3分の2が終わり
これからは秋が深まり年末へと。

春のすがすがしさと夏の華々しさから
この季節に感じるのは秋に感じるのは哀愁

『春に出会い、夏に盛り上がった恋が
 秋になると別れになる...』


昔きいたライブアルバムで、このようなMCをされたのが
アリスの谷村新司氏。
中学時代に聞いた当時の僕は
『恋とはそんなものか...』と感じたのを覚えてます。

そのMCの後に披露されたのが



コチラ↑↑の『秋止符』

「春」「夏」「冬」と言えば、何曲か頭に浮かびますが
以来「秋」と言えばこの曲以外は思いつかないほど、僕にとっては

秋の定番に。

ところで、上記の動画。ちょうど5年前の弾き語りですが
われながら進歩があまりないのに苦笑。
40代の5年の進歩と言えば、そんなものなのか

谷村新司氏の言葉を聞き
『恋とはそんなものか』と感じた10代。
その5年後には、現実的にソレをとらえることができたもの。

『まったく10代の進歩とは色んな部分で今とは違う...』

少し前の動画を眺めながら、モノ想いにふける秋の夜です。