アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

YAMAHAアーティストモデル KM65 Limited 何よりも凄いのはアーティスト自身

昨日に続いてYAMAHAヤマハ)の気になるアコギ。
10月から受注が開始されたという超高級レアモデル。
YAMAHAお得意のアーティストモデルです。



南こうせつシグネチャーモデル。限定20本。
Lシリーズをベースにしたモデル。
それにしても驚きの多いアコギです。

まずはその価格。
が、こうせつ氏の熱狂的ファンの方ならば驚かないんでしょうか。
...凄い20人の方がいらっしゃるもんです。

こうせつ氏自らデザインの蒔絵がトップに施されてたり
サクラのインレイがあちらこちらにありで、とにかく派手。
でもアーティストモデルです。
欲しい人が買うモデルなので、これくらい当然。

そして、なによりも凄いと思ったことが、

こうせつ氏デビュー45周年で65歳

46歳になったばかりの僕なんかまだまだ青二才。
はたして20年後自分は弾き語りはできているやら。
...とにもかくにも、その姿勢は見習いたいもの。

伊勢正三氏が、胸にせつないメロディーとすれば
こうせつ氏は、ほっとする胸をなでおろしたくなくなる。




今度の三連休は台風のようですが、

『明日天気になぁ~れ!』

とでも叫んでみますか。