アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギケースにさえアイデンティティを表現するMartin(マーティン)に倣ってほしい

アコギを弾いているからか、街でギターを

運んでいる姿を見ると、目で追いかけてしまうことが。

とはいえ目にするのは、ケースだけであって
そのアコギはベールにつつまれたまま。
また昨今は、ギグケースで運ばれている方も多く
余計にその中のアコギは想像さえできず。

そんなケースではありますが、僕が弾き語りを始めた頃
そのケースだけで羨望のまなざしを向けたものが。

箸おき

Martin(マーティン)のブルーケースです。

このケースを眺めるだけで、その中に収まっている
Martin(マーティン)本体までが、見えたような気がしたもの。
この70年代のMartin(マーティン)のブルーケースは 
カリスマのアイデンティティを象徴するものだったかと。

さて、そんなアコギを納めるハードケース達。
できれば、その姿で中を想像できるものを各メーカーにお願いしたいと
常々思っておりますが...。



コチラのYAMAHAヤマハ)のハードケース。
たしかな質感を感じますが、これぞYAMAHA的なインパクトを望むところ。

一方あのカリスマケースの継承者。



Martinの香りがかすかに漂うたたずまい。

『やっぱり、これだよな』

日本のメーカーも、この香をケースに表現してほしいな...
そんな雰囲気作りもアコギ作りだと思うのですが。