アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

K.YAIRIクラフトマンのブログを見て 格別にすばらしい人からの驚きと嘆き

K.YAIRIオフィシャルブログの最新記事を読んでると

『おおっ!』

って思う話が2点ばかし。

話の内容はプロアーティストの方が、ツアー中に
ギターが不調となり、緊急でおくられてきたという話。

一つ目の『おおっ!』は
そのおくられてきたギターケースの写真。それがコチラ↓↓



『持っているケースと同じやん!』

まさか二日連続ケースの話になるとは思いませんでしたが
このケースは手頃な価格と丈夫な作りで良品なんですが

・愛用されている方が多い
・雨の時に心配

...などと無理やり理由をつけ、物色をしてましたが
「プロ愛用」となると、数倍いいものに思えるから不思議。
ゆえに、物色停止です。

もう一つの『おおっ!』が
このおくられてきたアコギが「Something ELse」に
つくられたものということ。

「Something ELse」...うるおぼえながら
ヒット曲のPVで、球場かなんかで唄っているその姿が。
で、その時使われていたギターが「RFのレッドサンバースト」だったのではと。
そんな記憶が奥の方から。で、確かめてみると



間違いないです!

このRFのRBを弾いている大久保伸隆氏。
現在はソロで活動されているとのこと。
公式ホームページもあるようなので、現在の活動状況や
プロフィールを早速チェック!

『...あ~』

そんなため息をついたのは
「Profile」にある『Favorite』って項目を見た時。

Gibson Dove '68/Gibson J-45 '67

...どこにも無い。K.YAIRIのエンジェルが。

僕はかすかに覚えてたのに、彼は忘れたのか...。
そんなため息。これはさすがに『おおっ!』とはならずです。

※参考サイト:K.YAIRIオフィシャルブログ 「修理」
        大久保伸隆オフィシャルサイト