アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

Martin(マーティン)レトロシリーズ トラッドな見た目と斬新なピックアップの融合

Martin(マーティン)はアコギを手にするものにとって
誰もが憧れるブランドではありますが
ご存知のとおり頑張れば手に入れる事のできる
価格帯のモデルも。例えば

ハイプレッシャー・ラミネイトという合板を使ったXシリーズ
エレアコのパフォーミング・アーテイスト・シリーズ
など

どちらも魅力的ではありますが
あえて選択するとすれば、ライブで使い勝手のよい後者か。
が、しかしあえてMartin(マーティン)である必要があるのか...
と思ってしまうのもこのシリーズ。

例えばより実用的に考えてYAMAHA(ヤマハ)のAシリーズ
の選択肢もあるわけ。

そんなライブで実践的なアコギが欲しく、
そしてMartinならではも欲しい方向けに最近ラインナップされたのが

レトロシリーズ

そんな贅沢な欲求を満たすべく

MARTIN 《マーティン》 HD-28E Retro 【新品】

MARTIN 《マーティン》 HD-28E Retro 【新品】
価格:453,600円(税込、送料込)



コチラのようにかなりのプライスとなっちゃいますが。

前記のパフォーミング・アーテイスト・シリーズは概ね好評で
しかしながら、「The Martinスタイル」を求める方からすると
やや違和感があったようで、発売されたのがこのモデル。

上記はHD-28に対して、Fishmanと共同開発された
アクティブピックアップ(PU)が装着されているモデル。
もちろんこちらのスタイル。

生音の損なうことない

というのは押して図るべき。
なおこのシリーズ名の「レトロ」
50年代、60年代のマイクサウンドも
そのピックアップから実現可能...という事からきた名のよう。

さてこのラインナップ展開。
他のブランドにも大いに取り組んでいただきたいと。

というのも、最近はライブバーやライブハウスで演奏する方が多いなか
トラディッショナルなドレッドノートやOOOなどがいい
とおっしゃる方が僕の周りにも多くいらっしゃる事実。
だからこそ気に入ったアコギにPUを後付けしているわけですが、ぜひ

見ため普通のアコギながらアクティブPU付きエレアコ

を展開してほしいなぁと。

...僕の場合「YW-1000」の後付けPUがうまくいかないんで
よけいに思っちゃうのかもですが(汗)。