アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

ヤイリギター社にオーダーアコギを頼むとしたら 「もしもボックス」での戯言

知り合いの方と2015年ヤイリギター(K.YAIRI)社の
工場見学へ行こうと画策しているんですが、
なぜか工場見学へ行くという話が、

オーダーのアコギの話

に成ってしまうのはアコギ好きなる故か。

何度も言ってますが、K.YAIRIのカタログと言えば
まず最初にこの「オーダーモデル」について書いてあり
カタログモデルからベースアコギを探す的と言えば言いすぎか。

この「オーダー」モデルは厳密には2種類あるようで

・カスタムオーダーメイド
・オーダーメイド


前者は、マスタークラフトマン(小池氏、丹羽氏、道前氏)による特注モデル。
後者は、カタログモデルからベースを選びオーダーするもの。

どちらも魅力的でありますが、
ベースモデルの素の良さを活かしたい気もするので
僕が選ぶとすれば後者か。
当然マスタークラフトマンの特注もかなり魅力的ですが。

ズバリ求めたいのはライブで使いたいモデル。



「Airly Bracing(エアリー・ブレーシング)」のK7シリーズ
これに、ピックガードをかえて、ピックアップ(PU)を装着が希望。
特にこのPUは色々相談してこだわりたい部分

サイド・バックが合板というのは負のようにとらわれがちも
強度がなにより強いのが利点。これライブでは重要かと。
また「YW-1000」も合板のアコギですが、
鳴りの部分で負の部分を感じることはあまりなし。
音はやはり好き好きってのがありますので
色々言ってますが、実はオール単板にあまりこだわりないんです。

...と頭の中でオーダーシートは描いてますが
さてどうなることやら。

まずは現実的に経済的な面や保管場所から
シュミレーションが必要ですね。