アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

弾き語りの変化にはハーモニカ 変幻自在に操るにはまず自分の頭の変革から

弾き語りはともすれば、単純になりがちなので
奏法を変えたり、音に強弱をつけたりと
できるだけ変化をもたせ、演る側も見る側も
飽きないようにと色々と工夫するもの。

その中、「ハーモニカ」は変化を付ける意味で
格好のアイテムで、僕と同世代のギター小僧は争って吹いていたもの。

「ハーモニカ」を専門的に吹く方から言わせれば
本体をホルダー等で固定し、口の方を動かすなんて

「ナンセンス」

と聞いたことがあるものの、長渕剛氏スタイルがカッコイイと
首からぶら下げておりました。

が、このハーモニカどうも苦手。

まず吹く方。単音がうまく出せないっていうか
どうしても音が重なるっていうか。
歴だけは長いですが、これが克服できず。

『トゥー、トゥー』

ってすればよいと上手な方にいわれても、
口の形だけがそれっぽく、音がそれっぽくないのが僕。

そしてなにより使う方。
オリジナル曲なんかに、使いたがるわりにはこれがなかなか厄介。
で、今頭を悩ましているのは、マイナー調の曲へのフレーズ。

メジャーキーのハーモニカを、マイナー調の曲に合わせるのは
よくあることで、3度上のキーを使う...

例えば、「Em」の曲なら「G」、「F#m」の曲なら「A」

が基本なれど、まともなフレーズが浮かばずで吹けましぇん(汗)。

思えばアドリブが全体的に下手なんですねきっと。
『アドリブのフレーズが吹けない、弾けない、ハモレない』ってのは

好きな音楽を弾いたり聞いているだけ

の今までなら仕方無いことか。

年の初め、何か新しい事にチャレンジしたいとモチベーションのある今。
「音」を「楽しむ」のが音楽という学問なれど
「いろは」ぐらいは覚えようかと考えております。