アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギ材「スプルース」と「シダー」の違い 感性によるものと見た目によるもの

アコギのトップ材に使われると材といえば
「スプルース」がまずは頭に。

もう一つクラシックギターに使われる「シダー」
アコギやエレアコにもよく使われる材。

僕もそれぞれの材をトップに使った
アコギを持っているんですが、以下の2点で
違いを感じてます。

一つ目は音の違い。よく言われる「シダー」の方が、

音の立ちあがりが早い

と言われる特徴を、僕が感じるのは

ストローク系よりアルペジオ
プレイヤーよりも聞いている側


によい印象を与えるという傾向。
これは個人の感想なので、それも感性の「音」の部分。
感じ方は人それぞれの部分もあるかと。

もう一つは、誰が見ても感じるであろう違い。
それは

傷の付き方。

スプルースも軽く軟かい材ですが、
シダーはさらに強度がない...という印象。

弾き傷のつきやすさもシダーの方がつきやすいと感じるも
それ以上に思うのが、

打痕傷の大きさと目立ち度

『ドン』
『あ~しまったぁ~』


って思って見た時の傷が、確実に

「シダー」の方が自分の予想の上。

これが本当なのか、たまたまなのか。
こればっかりは、愛器を使って実証するわけもいかず。

すでに「シダー」を表面にまとった「WY-1」は傷だらけ。
これ以上「スプルース」と「シダー」の違いを
検証している場合ではありません(笑)。