アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アンサンブルのため?それとも衝動買いのため?ミニアコギ 音音(オトオト)「OT-3E」

気になるK.YAIRIのコラボモデルがないかなと
某楽器店へ足を運んだ際、
エレアコモデルでは無かったものの、御目当てのモデルが。

当然のそのアコギの試奏を虎視眈々と狙って
店内を見回す僕。すると...

『ん?これはあまりないな』

ちょっと珍しいアコギが。

音音 / オトオト OT-3E NAT ( OT3E ) 12弦ミニエレアコギター 音音 / オトオト OT-3E NAT ( OT3E ) 12弦ミニエレアコギター
()
音音

商品詳細を見る


みれば

ミニギターにしてエレアコ...そして12弦のギター。

その楽器店のオリジナルブランドの「音音(オトオト)」から
発売されているモデル「OT-3E」

ちなみに「音音(オトオト)」のブランドコンセプトを確認すると

アンサンブルを楽しむために作られたブランド

とのことで、他には「アコギベース」や「カホン」「ボンゴ」等を
ラインナップ。アコギのラインナップは上記の「OT-3E」のみ。

アンサンブルを楽しむため...とはいいながら
アコギといえば飛び道具のようなモノのみ発売しているあたりに
このブランドの本当のコンセプトというか狙いを見たような気が。
ショップオリジナルブランドとしては
面白い方向性ではないかと。

さて現物を見てますと
作りに粗さ(特にブリッジのあたり)なんか感じましたが
これはこれで成立しているなと。ただ

ネックを見ていると手がゴツイ人には厳しそう。

これは試奏をくりかえして、どうってモデルでなく
間違い無く衝動買いアコギ



サンプル音源を探してたらコチラ↑↑の動画が。
この動画のアップ主の方も、動画説明にはっきり書かれてます。

「衝動買いをしてしまった!」と。

※参考サイト:島村楽器オフィシャル「音音(オトオト) OT-3E」