アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギのコードの押さえ方 重要なのはコード単体かコードの流れで考えるか

アコギの弾き語りで覚える「コード」。
僕はほとんど押さえるポジションを見ながら
やりやすい指で押さえて覚えたもの。

奇跡的に、ほぼ教則本どおりではありましたが
その押さえ方自体が何種類かあるコードも。

有名なのは「G」

1.6弦3フレ:薬、5弦2フレ:中、1弦3フレ:小
2.6弦3フレ:中、5弦2フレ:人差、1弦3フレ:薬


上記の2種類の押さえ方。
僕は圧倒的に、「1」の押さえ方と思ってまして
人に教える機会がある時、「G」はコレがいいといいます。

「G」を押さえるだけでは、そう差はないものの
例えば「G7」「Gsus4」へコードが移る場合には
圧倒的に、1.がやりやすいはず。

例えば「Bm」

セーハーコードですが、僕も「F」で多用するグリップハンドで
「Bm」を押さえられる方が(長渕剛氏もそう)。
これは身に着ければ、「Bm」に移る際楽になるものの
親指で5弦まで押弦が必要な深いグリップのため
その次がセーハーとなると、手首の動きが大きくなるデメリットも。
僕はこの理由で、「F」の親指6弦までのグリップにしてます。

てなわけで、

次のコードの押さえやすさによって
その前のコードを押さえる事を覚えられないか...

などと以前思ったことあり

先の「F」「Bm」のグリップハンドの使い分けや
例えば「A」の場合、次のコードが「B」ならば

「4弦2フレ:人差、3弦2フレ:中、2弦2フレ:薬」

というオーソドックスではなく

『4弦2フレ:中、3弦2フレ:薬、2弦2フレ:小』

という具合はどうかなと。

これは、面白いとしばらく挑戦しましたが...
2つのコードを見ながらプレイすることの難しさにあえなく断念。

正確にいえば、曲単位で手の動きを覚えさせることは可能も
楽譜見ながら(特に所見で)なんてのは、ミスを増発させるだけでした(汗)。

楽にコード移動するより
押さえやすい方法で、安定した押弦が一番と気づいた次第です。