アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

それぞれの価値やメリット、使い道はあるはず 例えば「Epiphone(エピフォン)」の場合

音は好みの部分があり
弾きやすさはプレイする側にしかわからず...
となれば、あまりアコギを知らない方にとっては
そのアコギの見た目により

高いのかお手頃なものか

という判断をされる方がいらっしゃるよう。
(実際僕の家の人たちとかですが)

例えば、写真や遠目から見て





どちらが一瞬高く見えるか?(あくまでも詳しくない方ですよ)

『Epiphone(エピフォン) Dove』だと答える方が
きっといて、それはそのピックガードの見た目であったり
ポジションマークであったり。

、「Gibsonギブソン) Dove」のコピーモデルであり
某巨大アジア国の生産なので品質は「?」とおっしゃる方がいるのも事実。
確かに高品質ではないですが
エレアコでありながら、見た目番長的な
お手軽なアコギを生産・発売するのが

「Epiphone(エピフォン)の恐ろしいところ」ではないかと。

この安さと見た目のアンマッチなアコギ達には

・屋外に持ち出せる
・他人にも貸せる
・置きギターにもOK

というMartin(マーティン)やGibsonギブソン)にない「気軽」というメリットもあり
よく行くライブ居酒屋に「ボトルキープ」ならぬ

「マイアコギキープ」

をしてもらおうかと虎視眈々と考えておりますが
その候補に第一に思い浮かぶのが
恐ろしく、面白い

「Epiphone(エピフォン)」

だったりするのです。