アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

近くで見れば...弾いてみれば本物の違いがわかるのか 未知のLarrivee(ラリビー)

日頃はどちらかと言えばお手頃な価格帯の
アコギを中心に色々と見ることが多い僕。

それは、見ているうちに物欲が本気モードになった時
被害(?)を少なくしようという自己規制か。

そうは言っても、正真正銘の本気モデルの
本気というのは味わいたくなるのは、アコギ好きゆえか。

それが、あまり

日本では流通してない

となればなおさらか。



Larrivee(ラリビー)のアコギです。

カナダ産ブランドと言えば、Seagull(シーガル)をはじめ
手に届きそうな価格帯で、個性的なブランドが多い中
ハイエンドでありオーソドックスなアコギのブランドで
それなりの価格で売られてます。

残念なことに、日本の正規代理店が決まっていないようで
あまり流通していない事が難点なれど
材が豊富なカナダということもあり、この価格帯にして
品質と比較すれば、お得とは識者の評。

試奏したことさえありませんが、
M社、G社と比較して同価格帯となれば
違いがわかる男が選ぶにはちょうどいいブランドでないかなんて思ったり。

どうもパッと見、普通に見えて
中身は本物みたいな...いわゆる

ユニクロっぽい高級ブランド

に目がないようです。

※参考サイト:Larrivee(ラリビー) Guitar 公式 アコースティックギター