アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

前や横や後ろは当たり前 アコギ材にどの部位までこだわるのか?

アコギ本体の音への影響を考えれば
大きくは二つの要素が。

一つは、形やサイズ
そしてもう一つが、使用されている材


と一般的に言われ、後者の材に関しては
トップ材やサイド・バック材等を
指している事が多いはず。

『鳴り』に影響する「トップ材」
『音色』に影響する「サイド・バック材」

言われているのはコチラ↑↑のような事ではありますが
この材、その他の部分での音と材にも
因果関係があるとおっしゃる方がいます。

先日「K.YAIRIオフィシャルブログ」を読んでますと
道前氏も、ネックと音についてコメントされてます。

ネックは太い方が音にとって有利

だと。これは何となく想像ができ
響く部分が大きければ大きいほど有利ということでしょうか。

が、ネックと材についてどうかというと
ネックの場合は多くが「マホガニー」であり、
材での比較ができないものの、
その表側の指板の材には

・ローズウッド
・エボニー


があり、果たしてどちらが有利なのか。
そんな非常に気になる疑問に、すでに考察されているサイトが。

読めば、エボニーの方がより固く立ち上がりがよく
硬質な音色であるとか。
ローズウッドの方が、比較的温かみのある音色ともあります。

確かに、面白い考察ではありますが
はたして何人の方が、音から指板の材の種類を判定できるか。

甚だ疑問ではありますが
このような記事にニヤニヤしてしまう貴方はきっと僕と同じ
木材フェチなのでしょう(笑)。

※参考サイト:木材学 指板に使われる木材 3種+α