アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

YAMAHA(ヤマハ)Lシリーズ「LL-16D ARE」 手頃かつ見た目麗し、機能良し

昨年刷新されたYAMAHA(ヤマハ)のLシリーズ
公式サイトでは、各モデルの音源を公開されているように
メーカーが自信をもって送り出しているシリーズ。

やはり今回のトピックは

A.R.E. (Acoustic Resonance Enhancement)

すなわち弾き込まれた材のような
音の実現を目指した技術がシリーズのすべてのモデルに
おごられているということ。

このシリーズは「L26」以上が国産モデルであり
本来のLシリーズを感じるならば、コチラを選びたいところですが
特徴・スペック的には、「L6」「L16」も上位モデルのソレを踏襲しており
侮れないモデル。

さらにパッシブのピックアップ(PU)も「L6」「L16」には
装備されており、弾き語り系ではライブでは
重宝するのに間違いなし。

さらにコチラ↓↓



「LL-16D ARE」は上位グレード『L36シリーズ』の豪華な
インレイを身にまとった限定モデル。
当然ただの見かけ倒しではなく、

トップ:イングルマンスプルース単板
サイド、バック:ローズウッド単板


とそそる内容。
10万円前後のモデルとしては魅力的なモデルでは。

Luxury(ラグジュアリー)の「Lシリーズ」ですが
あえてのコチラ↑↑のお手頃モデルの選択も十分アリと思わせる
魅力的なモデルです。