アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

サムピックの奥深い世界 「素材」「形状」「大きさ」さらにその「角度」まで

指弾きよりもピックを使う事が多い僕。
柔らかいタッチの指弾きの音も情緒深いとは思うものの
やはり自分の好みとしてピックではじいた

『シャキッ』

とした音が好きなよう。
そんなピック。どちらかと言えばフラットピック派ながら
「サムピック」を使う事もしばしば。

そんなサムピックは、フラットピック以上に
形状がシビアで、同じピックでないとダメという方が
おっしゃる方もいるからか、よく見ればフラット以上に

それぞれの個性の違い

を感じます。



コチラ↑↑はニッケルのメタルのサムピック。
自分の場合は、これを主にプレイしようとは思わないものの
見ているだけで飽きてこない造形と素材が非常にマッチしてます。

素材だけではなく、例えば



上記の3つのサムピックをみても
その先端部が、三つとも異なります。

一番上は反っていて、一番下は広い

のがわかると思います。



コチラ↑↑は弦をはじく部分の角度が
少しずつ異なるという徹底ぶり。

親指の爪に変わるべく、サムピック。
やはりほんの少しの違いでプレイに影響ででるのが
これを見ても用意に想像が可能。

...そういや、かくゆう僕も
使っているサムピックは以前より、ずーっと同じだったりします。