アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

HEADWAY(ヘッドウェイ)のミニアコギ3機種 エースでなけりゃこんな個性で勝負したい

ミニギターやトラベルギター等
小さ目のアコギを見るのが好きなわけですが

「HEADWAY」からミニギターが3機種ラインナップというニュース

にほんのつい先日知りました。

HEADWAY(ヘッドウェイ)と言えば最近は
国内生産の上級ラインに新モデルを発表していましたが
今回のミニギターは

UNIVERSE SERIES

で、日本の職人が監修した海外生産モデル。
いわゆるお手頃シリーズからの発売。

この3機種の違いは大まかに言えば材の違いで

HM-115  トップ:スプルース合板、サイド・バック:サペリ合板
HM-115R トップ:ローズウッド合板、サイド・バック:ローズウッド合板
HM-115S トップ:スプルース単板、サイド・バック:ローズウッド合板


とのこと。



コチラ↑↑に3機種のデモプレイが確認できます。
普通にアコギとして考えた場合「HM-115S」なんでしょうが、
上記のデモプレイ時のサウンドを聞いても、大きくそそるものがない(失礼!)ので
ここはあえてトップのローズウッドモデル「HM-115R」を選びたい。
※というかデモプレイでのサウンドの違いがほとんどわからん(汗)

この手のアコギがエースであり、一番手になるわけでなく
『ちょっと変わったものを...』と考え求める人が多いはず。

「変わり種」を音ではなく、そんなところに求めたい...。
そういうアコギではないでしょうか。

※参考サイト:HEADWAY Guitarsより、ミニサイズアコギHM-115シリーズ3機種登場!