アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

「懐かしさ」が新鮮 斬新な見た目が特徴のGretsch(グレッチ)のパーラーギター

小さいギターをいつか欲しいと思いながら
色々見たり弾いてみたりしているうちに、思った事が

パーラーギター

あたりのサイズが
アコギとして成立するミニマムサイズではということ。

それ以下の小さいアコギも当然魅力的ながら
「遊び道具」的なものから抜け出せないのか。

以前から先輩たちに言われてた事が
そのサイズで成立する楽器はウクレレだと
口にしていたのを思い出します。

そんなパーラーギター。
ヴィンテージと呼ばれる時代に多く作られたコレらモデル達の
今のモデルを見ていると

『新しい懐かしさ』

を感じるのは僕だけか。



今はFenderフェンダー)傘下のGretschグレッチ

トライアングル型のサウンドホールを持った
見た目がインパクトのあるイメージがあるブランドながら
なにか懐かしさにホッとするコチラ↑↑のモデル。

その安心感のある懐かしさが、新鮮に思え
価格もリーズナブルな事もあって非常に魅力的。

「~しながら」何かをするという典型的「ながら族」の僕。
コレを弾きながら、色々できそう。

そんな手元に置いておきたいアコギです。