アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

こんな風味を好むファンのために J-45カスタム「Gibson 1960's J-45 Antique Ebony」

多くのブランドが多くの楽器店でコラボモデルを
発表しておりますが、限定モデルの多い

Gibsonギブソン)」

も楽器店のカスタムモデルが多いブランド。

そんな中目にとまったのが
先程発表された「J-45」カスタムモデル。

東海地方の楽器店「平野楽器」ロッキンから
発売された「J-45」は1960年代のデザインを模倣した

『Gibson Montana 1960s J-45 Antique Ebony Special』

というモデル。

60年代以前のヴィンテージモデルの
復刻版というのはよく目にするものの
その中で、目にとまったのは外見。

...なかでもピックガードです。

ボディはその塗装でヴィンテージ感を出したり
ナチュラル系の場合は、はじめから飴色のような色を
出したりありますが、今回はピックガードにこの思想を注入。

通常は真っ白なピックガードに対して
「経年変化で日焼けしたような独特の色合いの素材」を使用したことにより
アイボリー色というかやや黄色がかった色に。

My Dream_20150531

確かに僕は「飴色」のボディトップが大好物ですが
このやや黄色がかったアイボリー色が好きな人向けなのか。

楽器店も様々なニーズをつかんで
発表するものだと感心した次第であります。

※参考サイト:平野楽器店オンラインストア Gibson 1960's J-45 Antique Ebony