アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギ練習 上手くなりたい...以外にも練習する理由があっていいはず

アコギの弾き始めまずつまずくのは
押弦時に指がいたくなるという事。

ソフトな弦があるとはいえ、
ライトゲージ愛用の僕でも左手の人差し指から小指の先は
固くなっており、いわゆる

「ギターダコ」

が。
が、しかしこのギターダコが日常生活に影響あるわけではなく
あえて言えば指の先の指紋がなくなるくらい。
ですので、このタコはアコギを弾く上では
なくてはならず、これができた時こそ
めでたくアコギが弾けるようになった...と言えるかと。

一方の右手。
僕のメインの奏法は、フラットピックを持ち
中指と薬指で1~3弦を弾く奏法。
そのため、中指・薬指で弦をはじくため伸ばしている爪が。

この爪...日常生活に困るという事はないも
色々と不憫に感じる事が。例えば

鍵盤楽器が弾きにくい
 (指を立てる弾き方をするとカチカチするから)
・引出しを出すときに取っ手から指を滑らせちゃうと爪が割れる
 (なのでライブ前は左手でしたりしますが)
・ボーリングができない


など。これがちょうど弾きやすい長さに伸びた時に
割れる確率が多いもので、それがライブ前だと気分は超ブルー。

小さい頃から爪が延びていると注意されたもんですが
アコギを弾くようになって改めて感じています。

ところで、この右手。
ある共演したアーティストの方が爪で弾くのではなく、指先で弾く方が。
これが、爪で弾くよりもアタック感があり驚いたもんです。

で、この方の右手指先を見ると

「ギターダコ」が。

なるほど。このタコの固さを利用しての奏法だったわけ。

僕も爪の手入れが面倒で、真似しようと
何度かトライするも、タコができる前に挫折。

右手の爪を眺めながら

「この憧れのギターダコ」

を手に入れるべく、精進しようかと
頭を巡らせている今日この頃。

それにしても、こんなフレーズを弾きたいって理由でなく

『ギターダコを作りたい!』

という理由って一体(笑)。