アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

Seagull(シーガル) Concert Hall発売にふれ、改めて感じる名器が放つ息吹

アコギのサイズは色々な種類があり
またそれぞれのサイズに名前がついているのはご存知のとおり。

僕が好きなドレッドノート
その形とネーミングが自分にはドンピシャ。
機能的な面から荒い言い方をしますと

大は小を兼ねる

的な思いもあり、愛器2台はこのサイズ。

ちなみに、尊敬する先輩は同じような理由ながら

『いざと言うときに、仕事をしやすい』

とおっしゃってました。こう言えればその理由も深くなるもの。
見習いたいものです。

ところで、Seagull(シーガル)からこれまた秀逸な名をつけられた
アコギが発売された
とのニュース。



その名とは「Concert Hall(コンサートホール)」
見れば、ミニジャンボとフォークの中間となるボディサイズとのこと。

「コンサート」と聞けば、Martin(マーティン)のO(シングル・オー)モデルですが
コチラは胴が深く、残響が多く家のような限られたスペースでも
響くように作られている...なんて話を聞いたことがあります。

他方Seagull(シーガル)のコンサートホール。
コチラは薄目のボディとの事で、おそらく残響はそれほど多くないと想像。
どちらかと言えば、ある程度大きなスペースを生かして
残響を生み出すモデルなのかもしれません。

よく似た名前ながら、コンセプトが異なるのは
「ホール」が付くか付かないか

比べてみて感じるのは、さすがMartin(マーティン)ってこと。

アコギ本体のみでコンサート会場を実現しよう

とした心意気に改めて敬意を払いたいですね。

※参考サイト:神田商会、Seagull「S6 Cedar Concert Hall」をリリース!