アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

価格が急上昇のセミハードとあらゆる楽器ケースをおくるRITTER(リッター)のギグ さぁどっち?

いよいよ「YW-1000」をライブなんかに持ち出す時の
セミハードケースがやばくなってきました。



コチラ↑↑ですが、あちらこちらで同じものを使っている方に
出会いますのできっと評判がいいんでしょう。その評判ゆえか...

ここ数年で3000円程高くなっている...

のには閉口。
こちらファスナーをきちっと最後まで開けずに
ケースを開けようとする僕の使い方が悪いといえば悪いんですが
取っ手の反対側面が破けてきちゃいました。

機能的には文句はないも、価格の急上昇ぶりには
文句たらたらなもので、他のものを検討中。
今回その中でも、RITTER(リッター)にしようかなと。

こちらもあちらこちらで見かけるという評判の良さと
何よりケースにかけるメーカーの姿勢が好きだったりします。例えば、



オーケストラや吹奏楽で見かける「フレンチホルン」のギグバック。
あのような複雑な金管楽器用までラインナップしているところに
気合を感じ、そんな気合が大好物。



コチラのアコギ用など、先のSKBと同じ価格帯。
セミハードとギグバック。
堅牢性ではほんの少し前者かもですが、
そこは例の気合と軽さで次に選んでみたいケースです。