アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

YAMAHA(ヤマハ)のエレアコといえば「APX」「CPX」「Aシリーズ」...そしてS(?)シリーズ

お手頃価格から、手に届かない価格帯まで揃えている
YAMAHAヤマハ)のアコギ。
様々なシリーズのラインナップがありますが
イメージとしては

『身の丈に合ったアコギ』

を揃えているというイメージが。

そして、それをさらに感じるのはエレアコのラインナップ

YAMAHAエレアコと言えば

・APXシリーズ
・CPXシリーズ


薄いボディの前者と深胴の後者。
古くからあるシリーズで、それぞれのレベルやプレイスタイルに
合ったラインナップですが、どちらかと言えば

バンド向け

かなと。弾き語り向けと言えば、新しい

Aシリーズ

でしょうか。数年前に発売されて以来人気で、
実際ライブでご一緒する方も何人か使用されてます。
お店やお借りした弾いた感じで言えば
『ライブなどで使いやすい』というのにつきる感じ。

しかしながら、YAMAHAエレアコ中でで
コレが最も面白いなっと思っている隠れたシリーズが。



島村楽器とのコラボモデルシリーズです。

アコギのFSシリーズのシェイプにカッタウェイがおごられたエレアコ
ピックガードからシェイプまでYAMAHAらしいと感じるモデル。

ともすればYAMAHAエレアコの場合
伝統のFGモデルらしいのがないだけに、このコラボは嬉しい限り。



ご覧のように、生音にさらにこだわりたい方向けにオール単板モデルも。

『これがメーカーのレギューラーシリーズにならないのが不思議』

...楽器店で見つけてはついそんな事を考えちゃうシリーズです。