アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

やりたい事、アイディアがあり過ぎ? そして発表するアコギもてんこ盛りのHEADWAY

どちらかと言えば作りたいものを発売する。
「プロダクトアウト」的なイメージを持つ「HEADWAY(ヘッドウェイ)」

通常あまりアコギ材として使われない材を
使ったモデルをはじめ、限定モデルも多いメーカー。
市場がなにを求めているのか、だけでなく

・こんな事したら面白い
・あったらいいなこんなアコギ


を信じた技術で発表する文化があるではないかと。



コチラの「HEADWAY(ヘッドウェイ)のHC-Soloist」

見た目、ちょっと変わったピックガードが
表情を柔らかくさせているアコギ...かなというモデルですが
ピックアップ(PU)は

バッテリーレスのアクティブPU「Mi-Si Acoustic Trio」

サイドにもダブルサウンドホール

ん~...でも機能盛り込み過ぎかも。

あれやこれやとやりたい事がきっとあったんでしょうけど

『もう少し小出しにすりゃーいいのに』

老婆心ながらついニヤけてしまう、そんなHEADWAYです。