アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

心ときめく言葉を身にまとったGruv Gear(グルーヴギア)のアコギ用ギグケースが急上昇!

商品の説明で妙に心惹かれる言葉って
誰にでもあるはず。人によれば

「激安」とか「限定」

とかに激しく反応する人もいれば、機能を紹介する言葉に
心惹かれる人も。僕は断然後者派で

『人間工学』

という説明文が心にジャストミート。
ちなみに、人間工学とは

人間が可能な限り自然な動きや状態で使えるように
物や環境を設計し、実際のデザインに活かす

Wikipediaより抜粋)

とあります。
そう使いやすく、そして使っていて疲れない。
それが人間工学を生かしたデザインですが、
いままで、この言葉にひかれ

筆記具からキーボードやマウス

等購入してきた「人間工学」フェチだったりします

そんなフェチに対して
アコギの世界からも「人間工学」が出現しました!



利便性を追求し人間工学に基づいたサイドキャリー方式の革新的ギグケース
との説明文のついたこのギグケース。
よく見る背負うタイプではなく、一方の肩にかけるタイプ。

移動時に安定
荷重負担を軽減

等などまさしく「人間工学力(?)」を駆使したかたのような
機能が満載で、やや高かろう(26,000円)も何のその。マジで

思わずクリック

しちゃいそうに。(自己規制しましたが)

でもデザインも斬新で使い勝手もよさげで
それでいてしっかりホールドしてくれそうなケース。

コレ僕の中でのケースランキングで

初登場1位

って感じ。この気持ちが続けば、自己規制を解除します。