アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

わからない事だらけのアコギ用ブリッジピン その価格その効果、そしてその原理

少し前から気になっているアイテム。
僕の感覚からでは、あまりに費用対効果に「?」。それが...



コチラ↑↑のブリッジピン。なんとそのお値段

24,600円也

アコギ本体が購入できてしまうその価格にまず驚愕しましたが
色々見てみるとコチラにあるように実売は8,000円弱のよう。

いやそれでもブリッジピンに8,000円とは
何とも贅沢なアイテムか。
それだけの価格、さぞかし付加価値は多いのだろうと
説明文を確認すると

・高音、音量とサステインが上昇
・弦交換がとても楽になります。
・エンドピンの外れを気にしなくて良い


との事。交換すればすぐにわかるという
そのサステインの違いはさて置いておいて

・弦交換がとても楽
ってまず、通常の弦交換の時にエンドピンがあるからって
そんなに手間ですかね?

エンドピンが抜きにくい?...ブリッジピン抜きあるやん。

次の
・エンドピンの外れを気にしなくて良い
ってこれもこれを気にしている人って多いのかなぁ。
もう30年アコギ弾いてますけど、
コレを気にしながらプレイすることないんだけど。

...とまぁ僕の感覚では、その付加価値が謎。
いや、何かあるはずと紹介動画を確認。



これ取り付けるのが、限りなく手間(笑)!
弦交換の手間の軽減に、この作業は選びません。
さらに僕のような不器用対象は、傷をつけちゃうねきっと。

最後にサスティン向上ですが、これはわからないなぁ。
何がって、この構造でサスティンが向上するってのがわからないです。
なによりコレが本当なら

楽器メーカーが採用している

と思うんですね。
最初から設計すれば、それほど原価は変わらんと思うので。

試そうにも価格が高くて
アコギを傷つけるリスクも感じる...となれば

僕には縁がないアイテムに違いない

となります。

※参考サイト:パワーピン POWER PINS アコギ用 7500円