アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

昔からの名前で出てるだけ? 素晴らしいアコギだけにこの襲名には違和感大

現在所有するアコギの中で一番古い付き合いであり
そして最も愛着のある「K.YAIRI YW-1000」
それだけに、この名前には色々な思い入れが。

「YW-1000」はYairi Westernの定価10万円モデルからきた
名前と記憶してますが、ともすればやや無機質な感じもするモデル名も
名前を聞くだけで思い浮かぶようになるから不思議。

YW1000_odyssey.jpg

ヘッドには当然「K.YAIRI」の縦ロゴ。
そしてポジションマークは貝のヘキサゴン。
トップ材は年が経つにつれて飴色に変わるスプルース単板。

yw1000_BACK0.jpg

裏は当然ハカランダの美しい木目の3ピース。

コレが「YW-1000」

...なのにコレは名乗っちゃいけないよ。



オールコアのカスタムモデル。
スタークラフトマンである丹羽氏と極上コア材を選定し
作られたカスタムモデルって事でいいアコギには違いなんでしょう。

でもね

ヘッドも違えば
トップ材、バック材も違う


「YW-1000」じゃないやん!

いやいや当然アコギには罪は無いんですよぉ。
この名前を付けた事と
その名前に異常に思い入れのある方が悪いんです。ハイ。