アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

Epihone(エピフォン)に注目したい理由 価格帯そして使い勝手、なにより気軽に扱える手軽さ

作りが「...」とか鳴らない個体があると聞くEpihone(エピフォン)
自分が見たり手に取ったり、弾いてみた個体に
それ程ひどいのに出会った事もあり、そして

何より安い

という事もあり好きなブランドの一つ。

Gibsonの廉価版と言ってしまえばそうなるも
Epiphone自体にもレジェンドは存在し
Gibson直系ってこともあって堂々とGibsonっぽいアコギを出しても

許される!

と僕は解釈してます

あと製品としての評価はともかく
商品としてはとても面白いのではと。



コチラ↑↑の「EL」シリーズ。
小柄なボディながら、盛り上がった腰回りのような
シェイプとサンバーストが妙にマッチしたアコギ。
Fishmanのプリアンプの付いたエレアコだけにあちこちで重宝しそう。

この価格帯だけに、初心者用かと思われるものの
僕はあえてエースギターをお持ちの方の

「お気楽ギター」

にいいのではと感じるほど。
同じ中国製とはいっても、このあたりの印象が
MorrisやYAMAHAの同価格帯モデルとは違うのがエピフォンの面白さ。

痘痕(あばた)もエクボ

と感じる余裕のある方向けの

超廉価な経験者向けモデル

と思うんですが、そんな方は酷評するんだよなぁ。僕なんか

よく行くフォーク居酒屋に置きギターしたいモデル

なんだけどなぁ。