アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

ARIA(アリア)が繰り出す「そそる」商品 フォルテの文字のエレアコ「FET-F1」発売

愛すべきは「ARIA(アリア)」
初めてアコギを手にして練習したのが、友人から借りたARIA
というだけでなく、その当たりはずれといい
やはり自分の中では

愛すべきブランド

3万円前後のお気楽ギターをと考えた場合
Epiphone(エピフォン)といつも並べてのがARIA。

実は製作している工場が同じだったりするのかも
しれませんが、、アコギそのものとしては
ややARIA(アリア)が上かも...と。

Epiphoneには昨日少し書いたくすぐる商品性があり
こちらが優位性ありと感じてましたが

さすが愛すべきARIA(アリア)

やってくれました!
この価格でかなりそそります



「fホール」のエレアコ。
通常の丸形のサウンドホールとは違う
アルファベット「f」の形した「fホール」。

フルアコやセミアコによく見られるこれが
エレコードにラインナップされててお手頃な価格が実に嬉しい。

この「fホール」ってだけで
持ちたくなる動機づけになる人も多いのではと。

お手軽⇒遊び感覚

ってことであれば、ピッタリフィットするエレアコですね。