アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

傷だらけの相棒「WY-1」と「WY-2」 迷いを生み出す「生音」と踏みとどめる「色」

ライブでよく使っている第3の相棒
「Alvarez YAIRI WY-1」

WY-1&ハードケース

コチラ↑↑の写真撮影した当時と比較して
打痕傷からひっかき傷まで随分傷だらけになったもんです(汗)。
当然取扱いの注意不足が原因ですが
なぜ、このエレアコが特に飛躍的に傷が増えるのが謎のまま。

さてこのエレアコは第3としているように
現所有のアコギの中で我が家にやってきたのが3番目。
そしてもう一つ、3本の中で
はっきり言ってしまうと思い入れも3番目かも。

そんな思いが取扱いを雑にしているわけでもなく
「WY-1」がそんなオーナーの思いの心の痛みが傷となっているのか。

さて、第3たる理由はなにかと言うと

『ズバリ生音』

ってことになるかと。

トップ材の「シダー」の生音が自分的にしっくりこない部分があり
ラインにつないでの好印象はあるものの
どうしても自宅練習では、負の部分が払拭できず。

「WY-1」のライブでの使いやすさ、好印象を引き継ぎながら
生音がしっかりくるもの...。やはり



スプルース単板トップ、メイプル合板サイドバック「WY-2」

ラインを繋いだ評判はそのまま(それ以上)、生音の評判もよし。
特にスプルースのキラキラ感の好きな僕も試奏では好印象。

傷だらけで頑張ってくれた相棒
生音が好印象な魅力的なモデル

いや~大いに悩むところ。

ただ「WY-2」はブラックが多く、あとはサンバーストが少々。
ナチュラル系を見つければ...。

悩みが吹き飛びそうで、怖いです(笑)。