アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

三つの機能を集約した「SKYSONIC PRO1」 その多機能ぶりを歓迎できるかどうか

『ピックアップ(PU)のベストバイは何なのか?』

この問いの答えを求め多くのアーティストが
色々なPUを試し、そしてメーカーは新しい機能を
どんどん出している状態。
そのような状況をみながら思うのは
このPUに関しては、まだまだ発展途上だということ。

その発展の流れと言えば間違いなく

「ブレンドタイプ」

という事になるかと。

マグネティックとコンデンサマイクを組み合わせたような
複数のピックアップからの音をブレンドするタイプが
主流になりそうな勢い。

その勢いそのままに、最近発売されたPUが話題に。



コチラのSKYSONIC(スカイソニック)のPRO1
「マグネティック」「コンデンサーマイク」「コンタクトピエゾ」を
組み合わせたコレは、それぞれPUの長所を生かした
立体感のあるサウンドを実現できるのでしょう。

YouTubeでのデモサウンドを確認しても



なるほど、立体感はかなりのもんです。

コレは凄いのか...と聞かれれば「凄い」と思うも
使えるか...と聞かれれば、僕は「ん~」と答えるはず。

それは、僕が弾き語り中心のスタイルであり
ブレンドしての音の立体感やツヤは必要ないかという判断から。
歌声よりも、アコギサウンドが前面に出たり
表情がついたりするのは、歓迎できない要素。

広告やホームページ等でこのようなPUを見るたび
魅力的に思いながらも、もう一歩踏み出せないのは
主張しすぎる機能だからなのかもしれません。