アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

たくさん売れるものより、欲しい人がいるモノを売る クルーズの文字通りのマニアックさ

全国展開している大手某楽器店は
自ら企画販売している自社ブランドを数多く抱え
店舗では、所狭しと陳列されており
おすすめ楽器として、店員さんは一押ししているよう。

自社ブランドの意義としては、
楽器店側の売りたい商品もしくは売れるであろう商品を
商品化する事で、利益率の高い売上を稼げることか。

これもそんな一つなのか
「ギターショップフーチーズ」の展開しているブランドは
そのブランド名からも、感じれるその意気込み。

その名も「Crews Maniac Sound」

マニアックなサウンド...をブランド名にしているクルーズ。



上記のようなGibsonギブソン)のJモデル系コピーを
ラインナップしているようですが、つい先日発表された

『CRJ 2015 PREMIUM』

はブランド名に決して負けていない、
トップがアディロンダックスプルース、サイド&バックにハカランダ(合板)。

発売元のホームページでは、はっきりと

マニアも唸らせる素晴らしい杢目を持つハカランダ材を採用しました。

とマニアックを意識した表現が書いてあります。

万人に受ける商品を具現化するのも自社ブランドならではですが
マニア向けな商品を発表するのも、自社ブランドならではのはず。
中々面白いブランド、ブランド名...そして商品展開だと思います。

※参考サイト:Crews Maniac Sound公式 「CRJ 2015 PREMIUM」